amazonでカテゴリーの出品許可申請をしよう

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは中国輸入 → amazon販売で必要な

amazonの出品許可申請について説明します。

 

amazonでは特定カテゴリー商品を出品する際に

事前に申請をして許可が得ることが必要です。

 

申請を通すこと自体は簡単ですが

納品段階で申請忘れに気付くと

代行業者への納品依頼が滞り

スムーズな販売開始ができないので

本格的な中国輸入品買い付け前に

ここでパパッと申請を済ませておきましょう。

 

 

 

 出品許可が必要なカテゴリー   

 

2017年7月末現在、amazonで

申請&許可が必要なカテゴリーは以下。

このカテゴリー表記は

あくまで2017年7月末現在なので

今後変わる可能性もあります。

 

 

 

大前提として、カテゴリー申請は大口出品者のみ。

中国輸入ビジネスはamazon FBAを利用した

大口出品が前提なので、ここは気にせずOKです。

 

このカテゴリー、中国輸入では関係ないものや

個人レベルでは審査が通らないものもあります。

 

例えば食品・飲料・お酒。

これは営利目的での輸入はハードルが高く

個人で扱うのは無理なので諦めましょう。

というより、ノーブランドの中国製品で

食品・飲料・お酒の輸入は関係ないですね。

また、イタリア製品やamazon限定商品も

中国輸入には関係がないので

この3つは存在を忘れてOKです。

 

 

よって、出品許可申請を考えられるのは

以上のカテゴリー。

うち、はじめに申請を出すのは

赤枠で囲った4カテゴリーだけでOK。

この4カテゴリーは、申請をするだけで

ほぼ100%、即日販売許可が出るし

中国輸入のノーブランド品でも

比較的よく見かけるので

はじめに出品申請しましょう。

 

それ以外のカテゴリーは

仕入れ先を証明する書類を要求されたり

30点以上の購入証明が必要だったりで

ちょっと手間がかかるため

最初はスルーします。

 

 

僕が出品許可申請を通してあるのは

上記の5カテゴリー。

僕が出品申請を出した2017年2月頭は

時計カテゴリーの出品申請は簡単でしたが

この2週間後に申請基準が強化され

色々と書類が必要なことに。。。

 

出品申請の基準は、急に変わることがあるので

取れるうちに、取っておくのが無難。

ドラッグストアのカテゴリーも

2016年初頭は申請するだけで

誰でも簡単に通ったようですが

現在は色々な書類が必要になり

通すのが面倒になっています。

 

出品許可申請は一度通ってしまえば

以後は申請基準が変わっても

amazonから何も言われないので

これから中国輸入を始める人は

本格的な中国輸入を開始する前に

簡単に通せる4カテゴリーを

即効で通しておきましょう。

 

 

 

 amazon出品許可申請のやり方   

 

申請作業はすごく簡単。

4カテゴリー分申請しても

10分あれば余裕で終わります。

 

amazonの出品許可申請をするには

amazonセラーセントラルにログインし

以下のURLをクリック。

 

amazon 出品許可申請

 

うまく画面が出ない場合は

amazonセラーセントラル右上の検索窓へ

出品許可と入力し検索。

 

 

出品許可が必要なカテゴリーと商品

を別タブで開きましょう。

 

それぞれのカテゴリーをクリックして

申請画面の詳細へ進み

画面最下部の出品申請をクリック。

 

ここでは例としてペット用品で

申請画面の説明をします。

 

 

申請画面TOPで、商品のサンプル画像を

1件用意することをが書かれていますが

これ、amazonに転がっている画像を使うので

気にしなくてOKです。

 

商品はすべて新品ですか?

→ はい

 

商品に製品コード(JAN)がありますか?

または製品コード免除が許可されている商品ですか?

→ 商品に製品コード(JAN)があります。

 

並行輸入品ですか?

→ いいえ

 

 

1~7の画像例はすべてはいを選択

画面を進めればOK。

 

ここでサンプル画像を1枚上げるように

要求されるので、amazon上の画像を使い

クリアしましょう。

 

 

今回は「ペット用品」のワードで検索し

上記の画像を見つけました。

この商品の画像をPCに落として使います。

服&ファッション小物の場合は

ベルトなどを適当にamazon検索し

同じように画像を用意しましょう。

シューズ&バッグやジュエリーも

同じ要領でOK。

 

 

こんな感じ。

これでいいの??って思うんですけど

これで、普通に申請が通るんだから

ビックリです、ほんと。

amazonの審査はいったい

どうなってるんでしょうか( ̄▽ ̄;)

 

 

ここで入力が必要なのは

メールアドレスのみ。

他は記入不要です。

店舗情報などは自身の出品者情報欄に

特商法に基づく表記がされていれば

ここでは特にいらないみたいですね。

まだ自身の出品者情報欄に入力してない方は

通販をする上で、法律上絶対必要なことなので

ここで必ず入れておきましょう。

下記ページの下部でやり方を解説してますよ。

 

amazon出品者アカウントの登録と初期設定を解説

 

なお、服&ファッション小物の申請は

冒頭の質問事項で取り扱うブランド名の

入力欄が出できます。

これ、入力は適当なブランドでOKです。

僕は自分のamazon上での店舗名で

ブランドを作ろうと思っていたので

自分のショップ名を適当に入れました。

あなたも、オリジナルのブランド名を考えて

適当に入力しちゃいましょう。

そんな感じで、普通に申請は通ります。

 

 

申請完了すると、入力したメールアドレスへ

上記のようなメールが飛んできて

 

 

だいたい1時間もすれば

出品権限を付与した旨のメールが

同じく飛んできます。

 

これで出品準備はOK!

これを4カテゴリー分、繰り返しちゃいましょう。

一度やれば二度とやる必要はないので

キレイサッパリ忘れて大丈夫ですよ(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 まとめ   

 

・本格的な輸入開始前に、カテゴリー申請は終えておこう。10分で全部終わる。

・ビューティー、ドラッグストアなどは書類が必要なので後回しでOK。

・申請時のサンプル画像はamazon上のものを使ってOK。審査はあってないようなもの。

 

 

see you again♪

 

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

中国輸入品の不良品率を下げよう

amazon FBA納品手続きのやり方を解説

関連記事

  1. amazonで中国輸入品&中国輸入セラーの見つけ方

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  2. モノレートの使い方を覚え、リサーチをしよう!

    こんにちは、マサトです。この記事では、中国輸入 → …

  3. amazon FBA納品手続きのやり方を解説

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  4. 中国輸入のノーブランド品はこういうのです!

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  5. 中国輸入代行業者BANRIの使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  6. 中国輸入代行業者HAMの使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  7. 中国輸入リサーチにおける翻訳のコツ

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  8. アリババの使い方 僕のリサーチ事例を紹介

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP