輸入ビジネスでの模造品の見分け方

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは輸入ビジネス時に注意したい

模造品(コピー品)について、お話をしていきます。

模造品は販売はおろか、輸入すること自体

法律で禁止されています。

 

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権

などの侵害にあたるそうです。

 

詳細な、〇〇権がどうの~で覚えるのではなく

一般常識的に、コピーしたまがいものはダメと考えましょう。

 

もしあなたが何かブランドを作ったとして。

勝手にそのブランドロゴを使われたら、イヤでしょ?

そういうことです。

人の嫌がることはしない。

これ、鉄則。

 

で、模造品の輸入がダメなのは常識的にわかるとして

どうやって模造品か本物かを見分ければいいの?

ってお話になりますよね。

 

判別できなければ、そもそも避けようがないですし。

これも、実は簡単です。

 

 ebay輸入 → ヤフオク販売での模造品の見分け方   

 

模造品・コピー品と聞いて、あなたの頭の中には

おそらくある国が思い浮かぶはず

そう、中国です。

 

コピー品のメッカ = 中国

これはイメージ通りで事実間違いありません。

 

中国の人が現に言うてますから。

中国の品は模造品ばっかって。

 

なので、ebay上でブランド品のアイテムロケーション(原産国・発送国)が

中国になっているものは、絶対に買わないでください。

ebayだとこんな感じに表記されています。

 

Shen Zhenっていうのは、中国の州の名前ですね。

Tokyo , Japanみたいな表記です。

 

これ、誤ってほしくないポイントなんですけど

中国の品が全てNGって言ってるわけではありません。

 

中国発祥の安くて良いアイテムはいっぱいあります。

さすが世界の工場。

 

例えば近年ブームが起きているドローン産業などは

中国メーカーの勢いがすごいですね。

次から次に新製品を開発してリリースされてます。

 

そういう、元々が中国発祥のアイテムは仕入れてOKです。

麻雀のグッズとか、龍の置物とか。The・中国なアイテムね。

中国市場には値段が安くて面白い物がゴロゴロ転がってます。

 

NGなのは、中国から発送されるブランド品のみです。

例えば中国で売ってるヴィトンのバッグとか、そういうの。

これ中国土産のシャネルのバッグだよ~、って言われて

知り合いからお土産を渡されたら、オイオイってあなたも思うでしょ?

 

そこまでの超ビッグブランドじゃなくても

例えば若者に人気のSupremeとかも、中国産はNGです。

100%ニセモノと思ってください。

 

こういうものをebayから仕入れるときは

USAなど他の国から買い付けるようにし

なおかつ購入時のレシート(invoiceと言います)も

添付してあるものを買いましょう。

 

 

ebayのセラーもそれを分かっているので、こういう風に

出品画像にレシートの写真を添付していることが多いですよ。

 

購入時のレシートには相手が購入した店舗名や価格が載っているので

正規取扱い店で購入した正規品であることの証明になります。

そして、このレシートがある方が事実ヤフオクで売れやすいです。

 

正直今どきの模造品はクオリティも高い物も増えており

出品画像を見たわけではさっぱり区別がつかないことが多いです。

 

なので、見た目で見分けるのではなく、レシートと国で見分ける。

これがマストな方法です。

 

あとは常識的にあり得ないくらい安い価格で売ってるのは

避ける、とかですね。

 

 中国輸入 → amazon販売における模造品   

 

ebayは他の国からの出品アイテムも

たくさんあるからいいとして。

 

中国から輸入をする前提の、中国輸入 → amazon販売は

どうするのかってお話。

 

これも話は簡単。

 

タオバオ・アリババどちらとも、ブランド品はNGです。

これも100%ニセモノです。

 

そもそも、中国輸入 → amazon販売ビジネスは

格安のノーブランド品を大量に買い付けて販売する

薄利多売戦略で行きます。

 

なので、ここでブランド品を扱うことは皆無です。

そもそものビジネスの方向性が違います。

 

ロゴすら印字されてない、どこのどいつが作ったかわからない

ノーブランド品の中で、出来の良い物を選りすぐって扱う。

それが中国輸入 → amazon販売ビジネスの醍醐味です。

 

だからこその低価格購入が可能です。

 

ビジネスの方向性を把握して

最大限メリットを活かしていきましょう!(=゚ω゚)ノ

 

 まとめ   

 

・コピー品かどうかは国とレシートで見分ける事

・中国品でも、中国発祥のアイテムはOK。面白いのがあるよ。

・中国輸入 → amazon販売ではブランド品は扱わないこと。

 

see you again♪

 

 

輸入ビジネス、ヤフオクとamazonのどちらから始める?

輸入ビジネス マスター戦略 ~僕が実践した利益最大化手法~

関連記事

  1. 輸入ビジネス マスター戦略 ~僕が実践した利益最大化手法~

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスを…

  2. PayPal経由で仕入れをしよう

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  3. 輸入ビジネスにおけるクレジットカードを活用した仕入れ術を公開!

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネ…

  4. 輸入ビジネス、ヤフオクとamazonのどちらから始める?

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネ…

  5. amazonの各種手数料と利益計算方法

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  6. ebay輸入 → ヤフオク販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページではebay輸入 …

  7. ヤフオクの各種手数料と利益計算方法

    こんにちは、マサトです。このページではebay輸入 …

  8. 中国輸入 → amazon販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP