必見!中国輸入 → amazon販売で絶対使用するサイト一覧

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは中国輸入 → amazon販売

毎日のように頻繁に使うことになるサイト

一覧にしてご紹介します。

 

今までの環境構築編で紹介したサイトも

再度列挙しますのでご確認を。

 

あなたのPCにamazon用のフォルダを1つ作成し

全てお気に入りリストへ入れておきましょう♪

 

では行ってみましょう~!

 

 モノレート   

 

 

→ モノレート

 

amazon上のアイテムが月間どれくらい売れているか

そして、価格変動やライバル数の変動があるかなどを

グラフで表示してくれるサイトです。

 

無料で使えます。

素晴らしい。

 

中国輸入 → amazon販売はこのモノレートを

使いこなしてナンボです。

amazonと行ったり来たりして、売れそうなアイテムを

見つけていきます。(詳しくは別記事で書きますね)

 

これを読み解けるスキルを身に着けること

amazon販売のスタートといっても過言ではありません。

 

 

 プライスター   

 

 

→ プライスター

 

自分が出品したものがamazon上で何個売れたのか

仕入れ額はいくらで、利益額はいくらか。

在庫は何個あるのか、などを自動で取得してくれます。

 

さらに、他のライバルセラーが価格を変更したときに

自分の出品物も自動で価格変更して追従してくれる

とんでもない機能がついています!!

 

これがめちゃくちゃすごい。

 

手間がかからないFBAのメリットを最大限生かし

多種多様なアイテムを扱う中国輸入 → amazon販売では

このサイトを使って売り上げ管理するのが必須です。

 

僕はebay輸入 → ヤフオク販売は、自分で作ったExcel表で

売り上げ管理をしていますが、amazonに関しては

全てプライスターにお任せしています。

 

200個も300個も売上げ金を入力していくのは時間がかかるので。。。

 

あ、ちなみに月額4,980円必要な有料ツールです。

 

ですが、間違いなくその価値以上のものはあります。

というかこれがないと商売がやっていけないッス。

こんな風に日ごとの売り上げ推移も表示してくれるので

どこで利益が突き抜けているのか一目瞭然!

 

大抵は新しいアイテムが納品された時にポーンとグラフが上がります。

この図で言うと4日23日がその日ですね。

 

 

 FBA料金シュミレーター   

 

 

→ FBA料金シュミレーター

 

FBA販売をする時には、売上金からamazonに

販売手数料と国内送料をお支払いします

 

販売手数料は大体、品物代の10~15%(カテゴリーによる)

国内送料は品物の重さ・サイズにより異なります。

 

このサイトでは、指定したアイテムをFBAで販売した時に

それら2つの負担がどれくらいかかるかを計算できます。

 

あらかじめかかる費用を知ることで、販売した時に

手元に利益が残るかどうかを推測できるわけです。

 

見つけてきたアイテムは基本、このFBA料金シュミレーター

をすべて通してイケる・イケないを判断します。

 

選果場における糖度センサーみたいなものです。

 

僕は果物が多く取れる田舎で育ったので

この例え方がしっくりきます(笑)

 

 

 amazonセラーセントラル   

 

 

amazonセラーセントラル

 

Seller Central → 売り手の中央! というくらいなので

売る側の人間にとって必要な機能が全て詰まっています。

 

といっても、情報量が多すぎてはじめてログインした時は

使い勝手わっる!意味不明!! って思いました^^;

 

そのへんは、使っているうちに慣れます。

 

また、基本的な機能である納品プランの作成とか価格調整とかは

有料ツールのプライスターを通して、もっと使い勝手の良い画面で行えるので

セラーセントラル内でやることは実は結構限られてます。

 

 

 特許情報プラットフォーム   

 

 

→ 特許情報プラットフォーム

 

誰しもが絶対知っている早口言葉、東京特許許可局。

 

実はあれ、存在しないんですよね。。。

大人になってから知ってビックリしました。

 

何故なら、特許は許可局でなく特許庁で扱うものだから!!

経済産業省の管轄なんですよ。知ってました??

 

というわけで特許や商標についての情報を拾うサイトです。

 

これもまた別記事で分かりやすく説明しますが

中国輸入 → amazon販売は基本、ノーブランド品を扱います

 

ですがたまに、これ商標(要はブランドね)があるのかなぁ?

と判別の悩む、謎なアイテムが出てきます。

 

ブランド品は商標をとっている会社なり人なりに権利があるので

勝手に販売しちゃうと怒られるので、そういうことがないように

このサイトで調べることになります。

 

 

 タオバオ   

 

 
→ タオバオ

仕入れ先の中国サイトその1、タオバオです。

 

中国版の楽天市場と思ってください。

 

というのも、タオバオは楽天市場と同じく各ショップが

出店スペースをweb上に借りてお店を出しているスタイルなので

同じアイテムを違うショップが何個も出品しています。

 

どういうことかわかりやすく図で見せると。。。

 

 

こちらは楽天市場でBOSS・レインボーマウンテンを

調べたときの検索画面です。

 

同じ商品なのに、バラバラの値段でこんなに出てます。

何故なら、1個1個売り出しているお店が違うから。

 

ちっこく表示されているんですが、商品画像の真下に

各ショップ名が表示されてます。

 

あなたもこの中から最安値のお店を探して買いますよね?

 

これと同じことがタオバオでも起きてます。

 

ほら、ね?

 

同じアイテムがバラバラの価格でタオバオ上に出品されています。

この中から、最安値のショップを見つけてきて仕入れをしていくわけです。

探し方や注意点は別記事で詳しく紹介します。

 

タオバオ=中国版楽天市場 と考えましょう!

 

 

 アリババ   

 

 

→ アリババ

 

仕入れ先の中国サイトその2、アリババです。

 

タオバオが中国版楽天市場なら、アリババは例えるなら業務用スーパーです。

ちょっと例えがダサいですけど、気にしないでください(笑)

 

ちなみに僕は肉のハナマサとかコストコが大好きです。

ドカーンと大量のお肉が売ってるのを見ると、なんだかワクワクしませんか??

コストコで100ホール分セットのトイレットペーパーが売ってるのを見た時には

思わず笑いました。

どうやってこんなにお尻拭くんだよ・・・って。

柔軟剤のダウニーも50L単位で売ってましたからね。

重くて持ち上げられないっての。

 

業務用スーパーの魅力は、何と言っても大量買いによる値段の安さ!

 

タオバオが1個ずつ買えるのに対し、アリババは大量買い前提です。

10個とか100個とか、下手すると1000個単位で買うことを前提に

タオバオよりもメッチャ価格が安くなります。

ちなみにこれを、ロット買いと言います。

 

大量買い前提なので、アリババは中級者~上級者向けですね。

 

タオバオで少量買い付けした商品がうまく売れたら

次回以降はアリババでロット買い、という流れが理想です。

 

 

 amazonテクニカルサポート   

 

 

→ amazonテクニカルサポート

 

通称テクサポ。

 

amazonセラーセントラル内にあるんですけど

上記URLをお気に入り登録しておくと一瞬で飛べて便利です。

 

メールや電話での問い合わせだけでなく

チャットによる問い合わせもできます。

 

これが結構便利で、文章じゃないと表現しづらい内容を

チャットでスピーディにやり取りできて楽ちんです。

 

しかもamazonのテクサポは割と神対応!!

(対応してくれる人によります)

 

何か疑問点が出たら、割と気軽に聞いてOKです。

amazonの中の人が親切丁寧に教えてくれます。

 

 

 中国輸入代行業者 HAM   

 

 

→ 中国輸入代行業者 HAM

 

中国からの買い付けをお願いする会社、HAMです。

中国輸入代行業者がどういうものかについては

別記事で詳しく書きますね。

 

ハムの人と聞いて別所哲也を想像するか、阿部寛を想像するか

世代が分かれるところ。

 

僕は別所哲也を想像しました。

昭和生まれなんで、ええ。。。

 

というか、毎朝別所さんのJ-WAVEラジオを聞いてます。

オハヨーモーニンッ!(知る人ぞ知るかけ声)

 

別所さん、頼むからとっくに8時を過ぎた後に

時刻は8時を回りましたっていうの、止めてくれ・・・

 

このHAMって名前、最初はネーミングわるっ!って思ったんですけど

ここの社長さんのお名前が羽邑(ハムラ)さんっていうんですね。

 

なるほど、だからHAMですか・・・

 

羽邑さん、仕事速くていい人ですよ。うん。いい人。

 

中国と日本は時差がないんですけど、22時とかでも

平気で羽邑さんからメールが返ってきます

 

いつまで仕事してるのー??

 

なんせ、丁寧でいい仕事をしてくれる会社です。

 

 

 

以上9サイトが中国輸入 → amazon販売で主に使うとこですね。

 

環境構築の段階で、大体のサイトの意味や使い方を理解しておけば

ここからの話が早いです。

 

さぁ、ここからはサクッと基礎知識を身に付けて

実践編に入っていきましょう。

 

see you again ♪

 

必見!ebay輸入 → ヤフオク販売で絶対使用するサイト一覧

僕が感じる個人輸入ビジネスの魅力

関連記事

  1. 5分で出来るebayアカウントの開設方法

    こんにちは、マサトです。このページではeba…

  2. 僕が使って便利だった輸入ビジネスにオススメの銀行口座

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  3. 僕が使っているのはコレ!輸入ビジネスで使用するクレジットカード

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  4. amazon出品者アカウントの登録と初期設定を解説

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → amazon販売で必…

  5. Google翻訳は神ツール!使い方と英語チャットの様子を公開

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  6. 3分でリンク完了!ebayとPayPalを紐づけよう

    こんにちは、マサトです。このページではebayとPa…

  7. 2分で出来るヤフオクアカウントの開設を解説

    こんにちは、マサトです。このページではヤフオクの…

  8. アーカイブはミラクル便利!Gmailの設定方法と詳しい使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで使用するGm…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP