amazonの各種手数料と利益計算方法

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは中国輸入 → amazon販売を行う際に

あなたが算出する各種手数料と利益計算の仕方について

詳しくお話をしていきます。

 

ebay輸入 → ヤフオク販売に比べ

中国輸入 → amazon販売は

支払う経費の種類が増えます。

 

ポイントを押さえれば難しくないので

ここで内容をしっかり確認しておきましょう。

 

 amazonの出品手数料と出荷手数料   

 

販売先であるamazonへ払う出品手数料は

品物の販売価格の10~15%です。

 

品物を3,000円で売ったら、300円~450円。

この金額は品物のカテゴリーによって異なります。

 

これ、どのカテゴリーが10%でどれが15%になるかは

覚えなくて大丈夫です。

 

僕も把握してません。

 

全ての計算はFBA料金シュミレーターやってくれます。

 

出品手数料と合わせて、amazonへは

出荷手数料もお支払いしますが

これもFBA料金シュミレーターが

全部計算してくれます。

 

つまり、事前にこいつを使って手数料を算出し

利益の出るアイテムか確認してから輸入しよう

っていうお話です。

 

 

こんな感じですね。

 

この図の場合、2,680円で売る品物に対し

出品手数料は10%の268円。

そして、出荷手数料は353円。

 

品物が1個売れる度に、amazonへ

合計621円を支払うことになります。

 

便利なことに、この金額はamazonの売上金から自動で差し引かれ

残りの金額を2週間ごとにあなたの口座へ振り込んでくれます。

 

2,680円 ー 621円 = 2,059円

 

が、あなたの取り分ですね。

このように、すごくラクチンに計算できますよ!

 

 

 

 代行業者へ払うお金   

 

中国から品物を引っ張ってきて、検品・再梱包をし

関税の対応や商品ラベル貼りもしてくれて

そのままamazonの指定倉庫へ

納品してくれる代行業者。

 

至れり尽くせりで素晴らしい。

 

代行業者は色々なことをまとめてやってくれるので

お支払いするお金の種類も多岐にわたります。

 

品物の購入代・中国の国内送料・日本への国際送料・関税

消費税・梱包代・ラベル貼り費用・代行業者の利益となる手数料

 

色々ありますね~

 

僕が使っている代行業者HAMの場合は

中国から日本のHAM倉庫へ一旦荷物を送り

日本人スタッフが検品・再梱包をしてから

amazon倉庫へ納品をしています。

 

よって、HAM倉庫からamazon倉庫への

国内送料も経費としてかかりますね。

 

ほかの代行業者では、中国から日本のamazon倉庫へと

ダイレクトに品物を送るところもあります。

この場合は国際送料のみの負担で済み

ちょっと経費が安く上がりますね。

 

どちらが良いかは、好みの分かれるところですね。

僕はなるべく日本人スタッフに検品してもらいたかったので

HAMをセレクトしました。

 

で、これらの費用をどうやって計算するの?

 

ってことなんですが、各項目でいくら費用が掛かったかは

最後に代行業者が計算し、まとめて連絡してくれます。

あなたが計算する必要はないのでご安心を。

 

ただし、それだと仕入れ前の利益の予測計算が

できないですよね。

品物を仕入れて、黒字になるか赤字になるか

わからなければ、やっぱり仕入れは不安です。

 

そこで、僕がやっているのは数字の仮置きです。

 

中国輸入 → amazon販売を繰り返す中で培った経験則ですが

品物の購入代とamazonへ支払う費用以外に必要な

関税や送料・梱包代などの様々な諸経費は

 

1点当たり500円

 

で仮置き計算しておきましょう。

500円で経費を仮計算し、利益が出るなら仕入れ可です。

 

代行業者からくる最終の経費確定額を見て

経費が1個あたり500円以上かかっている場合には

あなたの仕入れは、何か余計に費用が掛かりすぎています。

 

例えば、国際送料は荷物の重量で金額が決まるので

異様に重いものを大量に注文している場合は

予想以上に利益が薄くなりがちです。

 

目安は、1個当たりの重さが1kg以下の物を中心に

仕入れる品物をいくつか揃えていきましょう。

軽ければ軽いほど、よりOKです。

 

上記を踏まえ、中国輸入品をamazonで3000円で

販売する場合の計算式は、以下のようになります。

 

3,000円 ー 品物代 ー 500円(仮) ー amazon FBA手数料

 

品物代はタオバオ・アリババ上でのアイテムの価格。

これは中国の通貨単位である「元」で表記されるので

輸入するときのレートでかけて計算します。

 

仮にレートが1元17.5円で24元の品物なら

17.5 × 24元 = 420円

 

という計算ですね。

 

amazon FBA手数料は販売価格の10~15%と

出荷手数料の合計です。

仮に合計800円としてみましょう。

 

3,000円 ー 420円 ー 500円 ー 800円 = 1,280円

 

計算式は、このような形になります。

この例だと、1個売れる度にあなたは

1,280円の利益をGetできることになります。

 

仮置き経費である500円が最終的にもっと少なく済めば

利益額はさらに増え、万一若干あぶれた場合でも

利益額1,000円を切ることはないでしょう。

 

ヤフオク販売の利益指標である1個5,000円に比べると

たった1,280円・・・と思えるかもしれませんが

amazonの集客力を活かすと、あなたの品物は

日に5個も10個も売れます。

 

つまり、この利益額×10倍が日々獲得できることも

ザラではありません。

 

amazonって、結構すごいんだよ?

 

まずは、品物を見つける度にこの計算を行い

最終的に1,000円以上の利益が残る品物

ピックアップして輸入していきましょう!

 

 

 

 まとめ   

 

・amazon FBA料金シュミレーターを使い倒そう。

・代行業者へ払う諸経費は、1個500円で仮置き計算しよう。

利益が1,000円以上とれるものだけを輸入しよう。

 

 

see you again♪

 

 

ヤフオクの各種手数料と利益計算方法

ヤフオクの基本的な使い方

関連記事

  1. 輸入ビジネスでの模造品の見分け方

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネス時…

  2. 輸入ビジネスにおけるクレジットカードを活用した仕入れ術を公開!

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネ…

  3. 中国輸入 → amazon販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  4. ebay輸入 → ヤフオク販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページではebay輸入 …

  5. 僕が感じる個人輸入ビジネスの魅力

    こんにちは、マサトです。このページでは僕が行っている…

  6. 輸入ビジネスと関税を3分で学ぶ記事

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネ…

  7. 輸入禁止品と取扱い注意品 with 僕の失敗談

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネスにおいて輸入禁…

  8. PayPal経由で仕入れをしよう

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP