amazonで新規出品する為に、JANコードを取得しよう

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは

中国輸入品にタグ付けやロゴ印字を行い

OEM・オリジナルブランド化した商品を

amazonへ新規出品する為に必要となる

JANコードの申請・取得方法についてお話します。

 

JANコードって聞きなれない言葉ですよね。

要はこれ、バーコードのことです。

 

何で呼び方が2つあるかというと

バーコードって言葉だと

他の種類も含めた総称になっちゃうから。

 

例えばスマホでよく使うQRコード。

これは2次元バーコートって名前です。

 

そして郵便物についているコイツは

郵便バーコードというお名前。

 

他にも工業用バーコードがあったり

ISBNという書籍用バーコードがあったりと

バーコードは結構種類が豊富。

 

なので、色々な種類のバーコードから

特定の物を区別するため

お菓子袋に必ずついているコレを

JANコードって呼び分けてます。

 

余談だけど、コンビニのチロルチョコって

10円のシリーズより若干サイズが大きくて

20円で売ってますよね。

 

駄菓子屋のチロルチョコは10円もあるのに

コンビニは20円のみが売ってます。

 

これ、実はJANコードが原因。

 

コンビニで売っている製品は

売り上げ数や商品サイクルを管理する為

全ての商品に必ずバーコードがついてます。

が、10円チロルはサイズが小さすぎて

バーコードがパッケージに印字できない・・・!

 

これでは、大きな販路となる

コンビニ販売へ参入できないので

バーコードが印字できるよう、ちょっと大きい

20円サイズのチロルが誕生しましたとさ。

 

バーコードの印字ができないサイズとは

さすが10円チロル・・・小さい(´;ω;`)

 

 

普段の生活では買い物する時に

目にする程度のJANコードですが

少額のお金さえ払えば、誰でも簡単に

自分用のJANコードは取得できます。

 

amazonの相乗り販売に慣れてきたら

収入を次のステージに上げる為に

JANコードを使った新規出品が必要となるので

ここで取得の仕方を学んでおきましょう!

 

 

 

 JANコードの申請費用   

 

JANコードの申請・登録費用は

年商や業態区分で変わります。

 

が、年商が10億未満、~50億未満など

非常に幅のある単位になっているので

中国輸入 → amazon販売は、もれなく全員

ランクFの12,960円(税込)です。

 

中国輸入は単価が低く利益率の高い物を扱うので

年商10億売り上げたら、利益4億超えちゃいます。

それもう、個人でやるレベルじゃないから!

気軽にできるネット販売の域を超えてますがな(;´Д`)

 

 

12,960円で3年間利用でき、期限が来ると

更新料を支払うことでまた3年間利用できますよ。

36ヶ月で割って考えると、月額あたり360円。

 

この費用を払うことで、世界で自分だけの

オリジナルのJANコードを取得できるって

超格安です。ほんと。

 

しかも、この料金でJANコードは

1000個まで作成することができます。

やろうと思えばamazonで1000個まで

新規出品ができますね!

どうがんばっても使いきれないけどっ

 

JANコードを付けて新規出品するのは

ライバル不在で独占販売する商品なので

初めに登録費用が1万弱かかっても

あっという間に元手費用は回収できます。

 

が、中国輸入品へタグ付けやロゴを入れるのは

相乗り販売にある程度慣れてきてからなので

amazon参入初期の頃には、まだ取得は不要。

時期を見て取得していきましょう~(∩´∀`)∩

 

 

 

 JANコードの申請方法   

 

相乗り販売に慣れ、利益を更に伸ばす時期に来たら

JANコードの申請を開始しましょう。

 

以下のページにアクセスし必須項目を入力すると

ネット完結で、誰でも簡単に申請ができます。

 

一般財団法人 流通システム開発センター

 

 

「申請手続きはこちら」をクリックし

 

 

メールアドレスを登録すると

以下のようなメールが飛んでくるので

 

 

URLをクリックして進めていきましょう。

 



 

次々出てくるチェック項目を全てチェックし

画面を進めると、申請情報入力画面が出てきます。

 

 

法人/個人は、個人を選択。

事業者名はあなたの個人名でOKです。

事業者名(英文)は普通は無いので

無しにチェックでOK。

 

 

電話番号欄は、個人での登録の場合

携帯電話でOKです。

今は携帯しか持ってないよって人が

多いですからね~

僕も携帯番号で登録しましたよ!

 

特に電話がかかってくることはないので

安心して入れちゃってください。

 

 

中国輸入 → amazon販売は

物を仕入れて売る商売なので

業態区分は、卸・小売業ですね。

 

 

僕はJANコード申請時点では

開始1年未満で決算を迎えていなかったので

年商は0万円と入力しました。

すると、登録申請料が自動計算され

F・12,960円とでてきますよ。

 

まぁ、年商10億円未満の人は全員

登録申請料は12,960円なので

決算後でも変わらないんだけどね。

 

商用商品名は一般名称を入れるので

僕の場合は「生活雑貨・おもちゃ」

入れておきました。

これは何でもOKですね。

 

中国輸入品って生活雑貨が結構多いので

同じ形で入力しちゃってOKです。

 

 

主要商品名で日用雑貨を入れたので

用途分類コードは29:その他日用品

で一応リンクさせました。

そんなに厳密じゃないようだけど

一応、ね。それっぽいのを選びましょう。

 

主要取引先はもちろんamazonです。

 

 

ここまで進むと確認ページが表示されるので

こんな感じになっていれば、OK!

 

後は申請登録料12,960円の

支払い方法の選択ですね。

 

僕は楽天銀行を持っているので

その場ですぐに払えるペイジーを選択しました。

こういう時ネットバンクって便利(∩´∀`)∩

 

 

支払いを終えると、1週間~2週間程で

登録住所に緑色の封筒が届きます。

 

 

封筒の中には色々な説明書きが入ってるけど

必要なのは、これだけ。

GS1事業者コード。

 

これ以外の同封用紙はぶっちゃけ不要なので

封筒に戻して存在を忘れてOKです。

 

この9ケタの番号を用いることで

自分オリジナルのJANコードを

ネット上で簡単に作れますよー!

 

 

 

 新規JANコードを作成するには   

 

9ケタの番号さえあれば、JANコード作成は簡単。

 

JANコード作成

 

上記サイトへアクセスして

JANコード標準タイプ(13桁)へ

自身の番号を入力していきましょう。

 

 

先ほどの緑色の封筒内に書かれている

GS1事業者コードは9ケタですよね。

 

入力欄に必要なのは12ケタなので

9ケタのお尻に、000~999の中で

好きな番号をくっつけて、12ケタにします。

 

この自由に使える000~999の3ケタが

自分の商品の通し番号ってことですね。

基本は000から、順番に使っていけばOK。

 

12ケタの数字を入れて計算ボタンを押すと

チェックデジット欄に1ケタの数字がでるので

これを更にお尻に着けた13ケタの番号が

自分オリジナルのJANコードですよ!

 

この部分の番号ですね。

 

amazonで新規出品画面を作る際には

13ケタの番号さえあればよいので

タテ線の縞々部分は印刷等は不要です。

 

チロルチョコのように、コンビニなどの

実店舗で販売する場合には

バーコードリーダーに読み込ませる為に

この縞々部分の印刷が必要となりますが

amazon上で販売されている商品は

amazonオリジナルのコードで管理される為

新規出品画面で、13ケタのJANコードが

入力されていればOK。

 

ただし、オリジナル商品を沢山作ると

JANコードの通し番号を何番まで使ったのか

だんだん訳が分からなくなってきます。。。

 

同じJANコードを使いまわしての新規出品は

もちろん出来ません。

なので、使用した通し番号と商品名は

Excelなどで必ず管理しておきましょう。

 

ほんと、簡単に忘れますからー(;゚Д゚)

 

 

 

 まとめ   

 

JANコードの登録申請料は12,960円。これで1000個まで商品作成が可能!

・取得はある程度相乗り販売に慣れてきてからでOK。申請後1~2週間でコードが届く。

・13ケタのJANコードはネット上で作成簡単にできる。忘れないようにExcelで管理すること。

 

 

see you again♪

 

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

中国輸入はタグ付けによるOEM化で利益独占を狙おう

amazonの新規出品方法 やり方を一から解説

関連記事

  1. amazon販売の新規出品者は引当金に要注意!

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  2. リサーチツール:Keepaでamazonの価格推移を自動表示 こ…

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸…

  3. リサーチツール:amazon用FBA計算機で手数料を自動計算!

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸…

  4. リサーチツール:SmaSurfの使い方 amazon商品リサーチ…

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸…

  5. amazonへ出品者に対する低評価の削除依頼をしよう

    こんにちは、マサトです。このページではamazon販…

  6. 中国輸入の仕入れは、旧正月と国慶節に注意!

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸…

  7. モノレートの出品者数から読み解く、ワンランク上のリサーチ方法

    こんにちは、マサトです。このページではama…

  8. 『プライスター』でamazonの売上管理をしよう

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP