menu

FBA料金シミュレーターを使い、中国輸入の利益計算をしよう

 

こんにちは、マサトです。

 

ここでは中国輸入 → amazon販売で

仕入れ前の利益計算に必ず使用する

FBA料金シミュレーター

使い方についてお話します。

 

amazonのFBA販売では

商品の販売価格から自動で

販売手数料と送料が引かれます。

FBA料金シュミレーターを使うと

いくら引かれるかが自動でわかる為

あとは商品の仕入れ単価を

タオバオやアリババで調べてくれば

おおよその利益計算がすぐにできますよ。

 

全体の流れとしては

1、モノレートで売れる商品かをチェックする

2、FBA料金シミュレーターでamazonへ払う費用を計算  ←  いまココ

3、タオバオやアリババで最安値ショップを探す

4、粗利益率がOKなら代行業者へ発注する

となります。

 

 

記事に全然関係ないけど

シミュレーターとシュミレーターって

どっちがどっちだか、ごっちゃになりません?

あと、コミュニケーションとコミニュケーションとか。

僕だけでしょうか・・・

 

 

 

 FBA料金シミュレーターの使い方   

 

FBA料金シミュレーターの使い方はとっても簡単。

毎度おなじみASINコードをコピっておき

 

ここへ貼り付けて検索。

 

こんな風に該当商品が出てきます。

 

amazonは販売価格の10~15%を

出品手数料で徴収するので

販売価格によって必要な経費は変わります。

僕たちはFBAを利用して販売するので、赤枠の中に

現在のamazonの最安値FBA価格を入力。

 

この商品の最安値は現在2,540円。

この際注意するのが、見るべきは価格は

FBAの最安値ということ。

 

自社発送でFBA最安値よりも安い値段で

販売しているセラーもいるけど

配送スピードが遅かったり

梱包のクオリティが違ったりなど

サービスの質は、primeマークのついている

FBA利用者のほうが基本的に高くなります。

よっぽど自社発送セラーの販売価格が安くない限りは

見るべきはFBAを利用しているセラーのみです。

 

2,540円をそのまま入力して

ポチッとな。

 

簡単に計算ができました!

出品手数料が、販売価格の10%になってますね。

出荷手数料は409円なので、併せて663円。

この商品をamazonで2,540円で1個売る度に

2,540円 ー 663円 = 1,877円

が収益として残る金額だとわかります。

あとはここから仕入れ代金を差し引いて

お金が十分残るならOK。

 

出品手数料はカテゴリーによって変わり

15%必要なものもあるけれど

どのカテゴリが~とかは、覚えなくてOKです。

送料計算のためにFBA料金シミュレーターを使って

必ず経費をチェックしますので。

 

あと、出品手数料とフルフィルメント費用(FBA費用)は

わざわざ電卓で足さなくてもOKですよ。

 

画面右側に合計された棒グラフが出ているので

こちらを見ましょう。

リサーチ作業で何十個も商品を見ていく時に

1個1個手元で電卓叩くと、結構めんどうです。

当初、僕はここに合計値があるのに気付かなくて

1個1個電卓を叩いてましたーっ(;゚Д゚)

 

 

 

 利益計算表を作って入力しよう   

 

せっかく分かった出品手数料・FBA費用も

そのままだと管理がしづらいので

僕は以下のようなExcelシートを作って

利益計算に使ってます。

水色の部分が手打ちで数字を入れるところ。

自動計算で差額が出るようにしてあるので

後ほどタオバオやアリババで仕入れ値を確認したら

 

仕入れ価格(元)を入れると

こんな風になります。

 

amazonの販売価格から出品手数料・FBA費用を引き

更に仕入れ原価を差し引いたものが粗利益

販売価格に対するパーセンテージが粗利益率

実際にはここから代行業者の手数料や国際送料

関税や消費税などが引かれていきます。

 

僕の場合、仕入れる商品かどうかの判断は

 

・粗利益率が50%を超えるもの

・粗利益が1,000円以上残っているもの

 

を基準にしているので、タオバオ・アリババで

仕入れ値をリサーチする前に

この価格以下なら仕入れOKだな、という予測値を入力して

それを目安にリサーチをしていきます。

上記の場合なら30元以下なら仕入れOKと考えて

中国サイトで仕入れ元を探す、ということ。

40元~60元といった価格しか見つからない場合は

粗利益率が悪いので仕入れは見送りとなりますね。

 

あなたも、簡易計算でいいので

このような計算シートを作っておいて

都度入力して仕入れ値の予測を立ててから

中国サイトのリサーチへ進んでいきましょうー!

 

 

 

 まとめ   

 

・出品手数料とFBA費用の合計値は棒グラフの上にあるので、1個1個電卓で計算しなくてOK。

・シミュレーターへ入力するのは、同じFBA利用者の最安値価格。自社発送セラーは見ないこと。

・Excelで計算表を作っておき、MAXで出せる仕入れ値を予測してから中国サイトでリサーチしよう。

 

僕がゼロから輸入ビジネスを始め

1年で脱サラし自由を手にするまでにした事をまとめた

個人輸入ビジネスのマニュアル、無料プレゼント中です。

関連記事

  1. 中国輸入リサーチにおける翻訳のコツ

    こんにちは、マサトです。この…

  2. タオバオとアリババの違いを知り、仕入れよう

    こんにちは、マサトです。この…

  3. 中国輸入代行BANRIのミドル会員を無料に出来る…

    こんにちは、マサトです。今回…

  4. 中国輸入代行業者とは? 輸入代行業者を選ぶポイン…

    こんにちは、マサトです。この…

  5. amazonで中国輸入セラーのIDリサーチをしよ…

    こんにちは、マサトです。この…

  6. amazon FBA販売での返品対応

    こんにちは、マサトです。この…

  7. amazonで中国輸入品&中国輸入セラーの見つけ…

    こんにちは、マサトです。この…

  8. amazon FBAの納品先倉庫を固定しよう

    こんにちは、マサトです。この…

サイト内検索

CATEGORY

お知らせ

『be free』 無料配布中! 

 

 

 

ebay輸入&中国輸入=収益の2本柱化!

 

 

【業界初】ダブル輸入 無料マニュアル

 

 

 

経験ゼロから、最短で脱サラする為に

 

必要なノウハウを全て詰め込んだ

 

輸入ビジネスマニュアルの決定版!

 

 

 

さぁ、自由な未来へと踏み出そう

 

 

 

『be free』を受け取る

 

 

PAGE TOP