僕がビジネスマインドを培った、おすすめの本3冊を紹介

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは

僕が今まで個人輸入ビジネスを実践する中で

ビジネスマインドを培うのに役立った

おすすめの3冊をご紹介します。

 

これらの本は、自分が置かれた現状の把握と

働き方の意識改革をもたらしてくれたし

商売人としての姿勢も学べた

僕にとってバイブルのようなもの。

 

会社員以外の働き方は、日本では少数派なので

自分のとっている行動の方向性が合っているか

不安になる時が必ず訪れます。

 

そんな時に、これらの本は自分を支えてくれ

力強く背中押しをしてくれますよ!

 

あなたもそういった良書に出会えるよう

参考にしてみてくださいな(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」  

 

著者:渡辺 格さん

定価:790円(税別)

 

 

岡山県にある田舎町で夫婦でパン屋を営む

著者のイタルさんと、妻のマリさん。

(文庫化される時点では鳥取県へ移転)

二人の名前を合わせて店名はタルマーリー。

 

大学教授であったお父さんに勧められて

マルクスの資本論を読んだことから

労働力と給与の見えないカラクリを知り

ご自身の会社員経験と照らし合わせて

資本家と労働者の関係を紐解いています。

 

 

 

この説明が、非常にわかりやすい(∩´∀`)∩

 

僕がこの本を読んだキッカケは

食の安全性について関心が高い友人から

田舎町でめっちゃ高いパンを売ってるのに

バカ売れしているすごいパン屋がある

という話を聞いて、偶然読んだのですが。。。

 

ほんと、目からウロコでした。

 

田舎のパン屋が~というタイトルの通り

本の内容は6割方が、酵母菌などの

パン作りに関わるお話。

 

が、安全でまっとうな価値を持つ食作りと

それにまつわる経済活動を通して

何故自分達は今のような働き方をしているのか?

働いても働いても、給与は何故残らないのか?

といった疑問に対する答えが、書かれています。

 

著者の場合は、その一つの解決策として

パンを作るという自前の生産手段を持つ事で

自身の労働力を資本家へ切り売りをしない

小商いになることを問いています。

 

パン屋の日々の活動を通して説明されるので

堅苦しいビジネス書籍が苦手という方や

僕にこの本を進めてくれた友人のように

安全な食に対しての関心が高い人にも

オススメの一冊。

 

 

 

 僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?  

 

著者:小暮 太一さん

定価:860円(税別)

 

 

著者のコグレさんは

「田舎のパン屋が~」の著者と同じく

マルクスの資本論を紐解くことで

労働者の置かれた状況の正しい把握と

そこから脱却する術についてを

自身の経験を交え、説明しています。

 

マルクスの資本論が発表されたのって

今から150年も昔の話なんですけど

そんなに、現代の労働者の働き方に

一石を投じるものがあるんですね~

 

でも原本の日本語訳は全13巻もあるから

読むのはイヤッ☆彡

 

その点、こちらの本は300pほどで

資本論の大事なエッセンスを抜粋して

現代の話に置き換えて、図解してるので

短時間で理解しやすくて助かります(∩´∀`)∩

 

「図解・マルクス資本論!」みたいな感じ。

 

 

内容的には「田舎のパン屋が~」から

パン作りに関する内容を外して

労働者がどうしてずっと大変なのか

脱出する術はどのようなものがあるのかを

書き記した形ですね。

 

僕はこれら2冊の本を読んだことで

誰かに雇われて働き続けることに疑問を持ち

そこから抜け出すべく、独立するに至りました。

 

そして、2冊の本を自分の中で咀嚼して

僕自身の経験を交えて表現したものが

下記の内容となっています。

 

 

「田舎のパン屋が~」の著者の場合は

資本家と労働者の図式から脱却する為に

一つの解決方法として、小商いを始める事

つまり技術を身に着けて自前の生産手段を持ち

小商いとしてパン屋を営むことへと着地しますが

コグレさんが着地した答えは、出版業界でした。

 

選んだ理由は、積み上げ式の仕事が出来る事。

 

身に着けるのに手間や時間が必要なものほど

そして変化のスピードが緩やかな業界であるほど

一度身に着けた知識や技術の賞味期限が長く

自身を助けてくれる資産になる。

 

常に全力でジャンプし続けるのではなく

積み上げた資産を使って働けるように

「意識して」仕事を選択するのが大事、と。

 

「田舎のパン屋が~」と内容が対になるので

合わせて読むと、より腑に落ちますよ!

 

 

 

 「eBay」で月50万円稼ぐ方法  

 

著者:藤木 雅治さん

定価:1,700円(税別)

 

 

これは僕のやっているebay輸入ではなく

日本の物をebayを通じて海外へ販売する

ebay輸出のやり方に関する書籍です。

 

輸入も輸出も、扱う商品と相手が違うだけで

購入者に喜んでもらうという心構えは一緒。

 

なので直接のテクニックは学べなくとも

得られるものはたくさんありました。

 

 

特に深い感銘を受けたのが

「Thank you」の手書きのカードと一緒に

心付け、といった形で何か軽いものを添え

気持ちも一緒に同封するということ。

 

著者の場合は外国の方がお客さんなので

日本特有の折り紙・折り鶴を同封し

おもてなしの心を届けているようです。

 

こういうのって、日本人独特の

素晴らしい考え方ですよね。

これ絶対、海外の人は喜びますって。

 

おもわず売り手のファンになっちゃうし

次もまた同じ人から購入したいって思えます。

 

僕はこういうの大好きですっ(∩´∀`)∩

 

 

で、それを自分なりにアレンジして

ebay輸入 → ヤフオク販売で実践したのが

この、1セント硬貨付きの手書きカード。

 

僕が商品を販売するのは日本の方なので

メッセージカードはもちろん日本語で書いて

折り鶴 → 1セント硬貨へ変換して同封。

 

 

で、こんな風に喜んでもらえているので

この本からは十分に対価以上の学びを

得られているな、と思っています。

 

 

更に、ebay輸出ではないけれど

仕入れ先の中国で良くしてくれる人へ

お菓子を送った時に添えたのがこちら。

 

中国の方は金色と赤色が大好きで

おめでたい色とされています。

なので、キレイな5円玉を添えて

その穴に赤い紐を通してみました。

 

 

たしかに、日本でも中華街に行くと

金色と赤色で一色ですよね。

5円玉と赤い紐は、このイメージです。

 

また、海外では穴の開いた硬貨が珍しいので

日本に来た際にお土産にする人もいるとか。

そういう意味でも喜んでもらえるかな~と。

 

こういう風に、ebay輸入やヤフオク販売で

直接儲かるスキル・知識の本でなくとも

どうやったら相手に喜んでもらえるか?

に焦点を当て、活かそうとすると

得られる学びはたくさんあります。

 

そして、自分で発展させた考え方は

マーケットが変わっても応用できるので

メルカリ販売でも、せどりをするにしても

使える知識になりますよ。

 

あなたも、実践を通しながら発展・応用し

楽しく商売をしましょうっ(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 まとめ   

 

・二人の著者がマルクスの資本論を読み解き、それぞれ違った解決方法へと至る。あなたにも、自身に合った解決方法があるはず。

・ebay輸入やamazon輸入などの直接のテクニックを学べなくとも、活かせる知識・考え方はたくさんある。自分の商売に応用しよう!

・少数派な僕たちだからこそ、多数派の意見に流されないよう、心の支え&ビジネスマインドの養成は必要です。

 

 

see you again♪

 

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

収入源を複数持つことの大切さ ~精神的依存からの脱却~

ネットビジネスでうまくいく人は、相手を大切にする人

関連記事

  1. 輸入ビジネスで大事な目標設定の基準

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  2. 輸入ビジネスと自己投資

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  3. 輸入ビジネスで最速で成果を出す為に必要なもの

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  4. 参入初期の作業量をマネよう

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスを…

  5. コミュニティにおけるメンターとの関わり方とは

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビ…

  6. トコトン一つの作業をやり抜こう

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  7. 信頼できるメンターを持つと成果が早い訳

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスに…

  8. 会社員の給与額が決まる理由 労働力再生産コストという考え方

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP