輸入ビジネス、ヤフオクとamazonのどちらから始める?

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは個人輸入ビジネスを始める際

ヤフオクとamazonのどちらから先に取り組むのが良いか

両方を実践している僕の主観を交えながら

お話していきます。

 

ここまでの記事で

 

・ebay輸入 → ヤフオク販売

・中国輸入 → amazon販売

 

この2つのビジネスの魅力、それぞれの特徴や

メリット・デメリットを説明してきました。

これらを読む中で、つまるところ

 

で、どっちから始めたらいいの?

 

ってあなたも思ってるんじゃないでしょうか。

もちろん場合によっては、既にどちらをやるか

決めている場合もあるでしょうけど

将来的に両方に取り組んでいく前提なら

どちらから始めたほうが結果が早く

また、取り組みやすいのか。

 

僕の経験からくる考えでお答えしましょう。

初めに取り組むべきビジネスは

 

ebay輸入 → ヤフオク販売 です。

 

以下、その理由を解説していきます。

 

 ebay輸入 → ヤフオク販売からスタートする訳   

 

ebay輸入 → ヤフオク販売は

非常にシンプルです。

 

ヤフオク販売もamazon販売も

どちらもそのプラットフォーム上で

売れているアイテムを、海外サイトから

安く仕入れてきて販売する点は同じですが

途中ではさむ業者の数や発生する諸経費の種類

ebay輸入 → ヤフオク販売の方が

圧倒的に少なく済みます。

 

つまり、わかりやすい。

 

計算するのは、仕入れ値とヤフオク手数料の合計が

販売価格よりも低く収まるかどうかだけ。

販売価格・仕入れ値・ヤフオク手数料8.64%

この3つの単純計算だけで、すぐに利益額を算出できます。

 

仕入れも1点ずつでOKなので、日々作業する中で

見つけたアイテムを1個ずつ買い付けてみればいい。

売って利益が出れば、次回から2~3個買ってみる。

 

即金性が高く、売れた後の入金も基本3日以内。

すぐに次の仕入れ資金の用意ができる。

 

見るサイトも、基本はオークファンとebayの2つを

行ったり来たりするのが主です。

ヤフオクのマイページは品物が届いた後の出品時や

品物が売れた後の取引時に覗くくらいで

実はそんなに毎日は覗きません。

 

リサーチで使えるツールは少ないですが

少ない分、ツールに頼らず自分の見る目

養うことができます。

 

個人輸入ビジネスは、この見る目を養うことが大事です。

慣れてくると、ネット上で品物を見た瞬間に

あ、これebayで売ってそう、とか

これタオバオで売ってるだろうな、という

品物の出どころを見抜く嗅覚が備わってきます。

 

この嗅覚を養うのに、リサーチツールが少ない

ebay輸入 → ヤフオク販売は持ってこいなんです。

 

この嗅覚を身に付けると、のちのち

中国輸入 → amazon販売に取り組む際も

買い付けるアイテムを非常に見つけやすくなります。

 

 

 ebay輸入 → ヤフオク販売は固定費が安い   

 

ebay輸入 → ヤフオク販売は固定費の圧倒的な低さも魅力です。

毎月かかる固定費は

Yahoo!プレミアム会員費 月額498円(税込み)

・オークファン プレミアム会員費 月額980円(税込み)

 

この、たった1500円だけです。

1500円だけなら、あなたも初月でも稼げそうと思うでしょ?

 

これがマインドブロックを破壊するのに結構大事でして。

誰しもが赤字になるのは嫌なので、最低限月額費用を

賄おうって思うじゃないですか。

 

で、月額1500円は実際に輸入して販売すれば

すぐに越えられる壁です。

普通は1個でも売れば、1500円以上利益が残ります。

ここで

 

あ、ebay輸入 → ヤフオク販売って稼げるんだな

 

心で理解することができるんです。

人って頭でわかってても、体感が伴わないと

心がついていかないんですよね~

 

話が逸れますけど、僕が大好きな司馬遼太郎の

竜馬がゆく」の中で、心に残っているシーンのひとつに

同じようなことを話しているシーンがあります。

 

あの小説のお話の肝となる、犬猿の仲の薩摩藩と長州藩を

坂本竜馬が取り持ち、薩長同盟を成立させて

討幕運動を進めていく場面。

 

何度仲を取り持って会合シーンを設けても

薩摩藩と長州藩は激しいすれ違いを続けます。

もうええ加減にせぇ!って突っ込みたいくらいに。

 

誰もが2大勢力である薩摩藩と長州藩が組む

メリットを理解しており、討幕運動には必須だと分かっている。

けど、一向に向き合って手を取り合おうとしない、ツンデレ藩同士。

 

そんな時、一人の長州藩士が言うんですよ。

 

「頭ではわかる。しかし心ではわからない」って!!

※竜馬がゆく8巻p30

 

しかもこれ言うたの、のちの明治政府で

初代内閣総理大臣になる、伊藤博文閣下ですからね。

当時20歳にも満たない若輩者でした。。。

 

話を戻しますと、それくらい稼げるかどうか不安に思う

マインドブロックは大きいってこと。

これは僕もそうでしたから。ほんとに。

スタート時は不安で不安で、三杯飲んだら夜も眠れぬ蒸気船、ですよ。

(※元ネタはググってね)

要は頭で理屈を理解しても、体感して心でわからないと

前へ進めないってことです。

 

これが中国輸入 → amazon販売の場合だと

・amazon大口出店 月額5292円(税込み)

・プライスター 月額4800円(税込み)

 

ジャスト1万円の固定費が掛かります。

 

1万円って、サラリーマンが1日働いて

得られる給与に近いですよね。

それって、結構マインドブロック強くかかりません?

 

amazonの売上金は、通常2週間に一度の入金です。

全然遅くはないけれど、ヤフオクみたいに

売れたら3日以内に入金という、異様なスピードではない。

 

そしてamazonは便利なFBAがある分、お客さんとの距離も

ヤフオクに比べると、少し遠く感じます。

 

売る楽しさ、商売をする楽しさを真っ先に体感するには

すぐに始められ、すぐ手元にお金が来て、固定費も安い

そして、少額でもいいので固定費以上の利益をすぐ出せて

マインドブロックを破壊しやすいヤフオクが

僕はベストだと思います。

 

あくまで両方とも興味があり、将来的にどっちもやる前提なら

僕はヤフオクからスタートするのを、あなたにお勧めします。

 

 

 まとめ   

 

・竜馬が行くは名著。若造の伊藤博文も出てくるよ。

初心者はマインドブロックの破壊が先決。適しているのはヤフオク。

・ヤフオクは固定費用がたった1500円

 

see you again♪

 

中国輸入 → amazon販売のメリット&デメリット

輸入ビジネスでの模造品の見分け方

関連記事

  1. 僕が感じる個人輸入ビジネスの魅力

    こんにちは、マサトです。このページでは僕が行っている…

  2. 中国輸入 → amazon販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  3. 輸入禁止品と取扱い注意品 with 僕の失敗談

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネスにおいて輸入禁…

  4. amazonの各種手数料と利益計算方法

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  5. ebay輸入 → ヤフオク販売のメリット&デメリット

    こんにちは、マサトです。このページではebay輸入 …

  6. 輸入ビジネスにおけるクレジットカードを活用した仕入れ術を公開!

    こんにちは、マサトです。このページでは個人輸入ビジネ…

  7. 輸入ビジネス マスター戦略 ~僕が実践した利益最大化手法~

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスを…

  8. 輸入ビジネスでの模造品の見分け方

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネス時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP