中国輸入代行業者を使いテスト仕入れしよう

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは中国輸入 → amazon販売で

リサーチをして、仕入れ候補を見つけた後の

初めに取るべき行動についてお話をします。

 

中国輸入 → amazon販売の主な流れは下記の通り。

 

1、amazonで中国輸入品リサーチ

2、タオバオ・アリババで仕入れ値リサーチ

3、代行業者へ発注

4、amazonへ納品

 

リサーチ後に代行業者・amazonへそれぞれ

商品の仕入れ・販売の依頼をしていきます。

 

この2か所へ連携・指示出しをするのが

初めての納品時は、ちょっとわかり辛い。

 

なるべく初期の負担を少なくして

amazon販売をスムーズに開始する為に

ここでポイントを押さえてきましょう。

 

 

 

 少量・少品目の買い付けをしてみよう  

 

中国輸入 → amazon販売の相乗りの理想は

一度に多品目の買い付けを行い

1個当たりの国際送料負担を減らすこと。

使用する代行業者・発送方法にもよるけれど

50kgを超えた当たりから

1kg当たりの国際送料はグッと減るので

できれば50kgオーバーでの

買い付け依頼が望ましい。

 

ですが、敢えて1,2回目の買い付け依頼は

少量・少品目で行くことを、僕はオススメします。

 

具体的には、1回目の買い付けは3~5品目程度

2回目の買い付けは、5~10品目程度ですね。

 

いくら座学で効率の良いリサーチ手順を学んでも

実際に行動して、リサーチの感覚を掴むまでは

仕入れ基準をクリアした商品を見つけてくるのは

なかなかに難しいもの。

僕も初めの一月目は、基準をクリアした商品が

たった3個しか見つかりませんでしたから。

 

相乗り販売は常に相場・ライバル数が変動するので

見つけたときには仕入れ基準をクリアしていても

数週間すると仕入れ基準を下回ることは

往々にして起こります。

これを、リサーチした商品が腐る、と言います。

折角リサーチして見つけた商品は

腐って不味くなる前に、さっさと仕入れて販売したい。

 

まだ次々と相乗り商品が見つけられない

リサーチの初期段階では

せいぜい商品ストックは5品目程度が限界です。

最低3品目、最大5品目ストックしたら

腐る前に買い付け依頼を出して

実際の流れを経験してみましょう。

 

少品目のほうが代行業者の買い付け依頼シートの入力や

amazonへのFBA納品依頼の作成画面も

入力量が少なくて、すごく楽。

 

実際に僕が代行業者へ買い付け依頼した量は

買い付け1回目:3品目

買い付け2回目:6品目

買い付け3回目:27品目

買い付け4回目:31品目

でした。

 

これが初めての買い付け依頼時の

商品管理シート。

注文数は3品目で、個数もたった8個。

少量だと国際送料が多めにかかるので

収支はトントン。

 

これが2回目の買い付け時の商品管理シート。

6品目・20個の買い付けでした。

1回目の買い付け依頼を経験してから

より商品管理がしやすいように

シートを若干修正しています。

 

 

そしてこれが3回目の商品管理シート。

買い付け・納品・販売までの流れが確認でき

実際にamazonで売れることが体感できたので

買い付け量を一気に27品目まで増やしました。

 

少品目の買い付けを2回行ったことで

代行業者へ送る買い付け依頼シートの書き方や

買い付け費用を支払うタイミング

そしてamazonへ納品する手順をチェック。

買い付け3回目で一気に仕入れる品目数を増やし

ここから利益を確保しに行っています。

 

僕の場合、この後の4回目の買い付けが納品された直後に

中国輸入 → amazon販売で月間利益10万円を

突破してきました。

そこからは、売れた商品を補充しつつ

新規の相乗り商品を見つけつつで

右肩上がりで利益が増えてますね。

 

 

 

 はじめての買い付けは3個までにしよう  

 

初めの1・2回目の買い付け依頼は品目数を抑えて

とにかく納品経験を積むことを話しましたが

買い付けする個数も、ちょっと注意が必要。

 

どんな商品でも、初めて買い付けする時は3個まで

に買い付け量を抑えると安全です。

この1回目の買い付けを、テスト仕入れと言います。

 

中国輸入 → amazon販売の相乗りは

相場やライバルセラーの変動が激しい為

 

テスト仕入れをして売れ行きや利益額を

チェックする必要があります。

 

初めから10個も仕入れると、売れ行きが悪い時に

次の仕入れ費用確保時に足を引っ張ることになるので

確実に売り切れる量から仕入れましょう。

 

また少量ならば、万が一商標権がある商品や

法律の問題で個人がamazonで販売できない商品を

間違って仕入れてしまった時にも、撤退が用意。

これが10個も仕入れてたら、かなり悲惨。

 

そして中国輸入は、買い付ける商品の種類や

買い付け先のショップのクオリティによっては

不良品・商品間違いが多発することもあります。

僕は以前に、中国のプラモデルを3個買い付けたら

3個中2個が、別の型番のプラモデルが到着し

知らずにamazonで販売してエライ目にあいました。

全部間違うならまだしも、何故2個だけ・・・?

 

そういう場合は、以後は違うショップから

商品を買い付けする必要があるので

ショップの仕事のクオリティを見る為にも

テスト仕入れは3個までに抑えて

確実にリスクヘッジをしていきましょう(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 まとめ   

 

・リサーチした商品が腐る前に、まずは少量・少品目の買い付け依頼をしてみよう。

・僕の場合は3回目の買い付け依頼から、品目数を一気に増やして利益10万行きました。

初回のテスト仕入れは3個までショップのクオリティと商品の売れ行きをチェックしよう。

 

 

see you again♪

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

Google画像検索で中国輸入リサーチをしよう

中国輸入代行業者とは? 輸入代行業者を選ぶポイント

関連記事

  1. モノレートの使い方を覚え、リサーチをしよう!

    こんにちは、マサトです。この記事では、中国輸入 → …

  2. amazonで中国輸入品&中国輸入セラーの見つけ方

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  3. タオバオとアリババの違いを知り、仕入れよう

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  4. 中国輸入 → amazon販売のリサーチ基準まとめ

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸…

  5. 中国輸入リサーチにおける翻訳のコツ

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  6. amazon FBAの納品先倉庫を固定しよう

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  7. 中国輸入代行業者HAMの使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  8. amazonで中国輸入セラーのIDリサーチをしよう

    こんにちは、マサトです。このページでは、amazon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP