中国輸入 → amazon販売のリサーチ基準まとめ

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは

中国輸入 → amazon販売において

中国から仕入れる商品の基準

amazonでリサーチするべき基準

についてお話します。

 

中国輸入 → amazon販売は

仕入れの段階で勝負が9割方決まります。

それぐらい、何を仕入れるかが超重要です。

 

仕入れ基準の1個1個の詳細な意味については

各々の記事で画像付きで詳しく解説してるので

ここでは、一覧で仕入れの基準を再確認して

リサーチ作業中、あやふやになってきた時に

振り返って確認する忘備録として

お使いいただければと思います。

 

 

 

 中国輸入品のリサーチ基準   

 

中国輸入品の仕入れ可否判断は

国内サイトでわかるもの

中国サイトでわかるもの

の2つに分けられます。

 

このうち、特に厳しく見るべきは

僕は、国内サイトでわかるものだと考えます。

何故なら、タオバオやアリババで

商品を探した末に仕入れNGと判断するのは

時間のロスが大きいから。

 

中国サイト内では

当然リサーチに使うのは中国語。

 

言語が分からなくてもGoogle翻訳があるし

作業量をこなせば中国語の意味にも慣れてきて

作業効率は間違いなく上がっていきます。

 

が、それでも日本人が

日本語表記のサイトで探すよりも

時間効率が悪くなるのは、当たり前。

 

僕たちは日本語圏の人間なので

中国語圏の文化背景からくる

微妙な表現方法や独特な言い回しを

オンライン翻訳機を通してでは

なかなか理解しづらいからです。

 

まして中国輸入で扱うノーブランド品は

メーカー品のように検索に使えそうな

明確な型番や商品名がない商品も多い。

 

なのでなるべく、時間がかかるであろう

中国語サイトでのリサーチ作業を減らす為

その前段階の国内サイトでのリサーチで

商品選定を厳しめに見ていきましょう。

 

 

 リサーチ対象外の商品ジャンル  

 

まず、下記に該当する商品は法律の問題で

個人輸入には適さないジャンルの商品です。

amazonで商品ページを開く必要はないので

商品一覧画面にあってもスルーしちゃいましょう。

 

・医薬品、医療機器(薬機法)

・ベビーグッズ、5歳児以下用のおもちゃ(食品衛生法)

・コンセントのある商品(PSE:電気用品安全法)

・ラジコンやBluetoothマウスなどの無線機器(電波法)

・バイクなどのヘルメット(PSC:消費生活用製品安全法)

 

 

 amazonでチェックする基準  

 

以下の基準から外れるものは中国から仕入れても

売れない・儲からない・怒られる のどれかです。

中国サイトでリサーチする前に

必ずボツにしましょう。

 

 

★カスタマーレビューが☆3.5以上

☆3.5以下のものは売れにくいので仕入れNG。

商品のクオリティが低い可能性も否めません。

 

 

★販売価格2,500円以上

仕入れ費用やamazonへ払う手数料を考えると

2,500円以下のものは利益がほぼ残りません。

価格競争になると赤字になる可能性もあるので

仕入れはNGと判断します。

 

★ライバルセラーが4人以下

FBAを利用しているライバルセラーが

5人以上存在するところに参入すると

自分の在庫の販売機会がなかなか回ってきません。

 

更にそれ以上ライバル数が増えると

価格競争に陥って

利益はどんどん減っていくので、参入NGです。

 

 

★重量1,000g以下

中国輸入品の仕入れ諸経費の中で

とにかく一番高くつくのは

重さに基づいて計算される国際送料です。

 

1,000gを超えるものは粗利益よりも

かなり利益額が減ります。

よっぽど利益が出るもの以外は

仕入れNGと判断しましょう。

 

 

★商標登録されていないもの

商標登録されているものを勝手に売ると怒られます。

下手するとamazonのアカウントが停止するので

特許情報プラットフォームで必ず確認してから

仕入れる癖をつけましょう。

 

 

★出品カテゴリーがドラッグストアでないもの

amazonのカテゴリー出品申請は

簡単に通るものもあるけれど

ドラッグストアの申請を通すのは超大変。

 

しかも、カテゴリーがドラッグストアの商品は

注意してみないと、ちょいちょい混ざってきます。

 

これ何でドラッグストアのカテゴリーなの?

って思う品も、なぜかこのカテゴリーだったり。

スタンドミラーとか、化粧道具とか。

 

しかもカテゴリー表記は小さいから

すっごい見落としやすい(;゚Д゚)

 

 

僕は仕入れをして納品プラン作成時に

このように出品許可を求められて

その時に、仕入れた商品のカテゴリーが

ドラッグストアだったと初めて気付き

この商品がまるまる納品できずに

エライ目にあったことがあります。

 

な・・・なぜスタンドミラーが

ドラッグストアのカテゴリーなんだ(´;ω;`)

 

 

 モノレートでチェックする基準  

 

基本は過去1か月間の販売価格と販売者数を見て

急激な増減が起きていないかを確認しましょう。

緩やかな上昇・下降傾向があるときは

3ヶ月間の表示に切り替え、動きを要チェック!

 

 

★月間10回以上グラフがギザギザしてるもの

グラフがギザギザしている = 売れている商品

売れた数を他のセラーと折半することを考えると

月間10回はグラフがギザギザしているものが

仕入れても売れやすい商品ですね。

 

月に3~4回しかギザギザしてないのは

仕入れ見送りと判断をしましょう。

 

 

★値段や販売者数が急激に変動していないもの

販売者数が右肩上がりで増えると

販売価格は右肩下がりで減るのが市場原理。

 

販売者数が2~4人の間で安定しているものが

参入商品としてはねらい目。

 

過去に販売者が10人もいた商品は

現時点で販売者が少なくても

多くの人に認知されている商品なので

今後急激にライバルが増える可能性大。

仕入れは辞めておきましょう。

 

 

 タオバオ・アリババでチェックする基準  

 

amazon・モノレートの基準をクリアしたら

あとは利益が十分取れる仕入れ値か確認し

OKなら代行業者に発注依頼をかけましょう。

注意してみる点は、2個だけです。

 

 

★粗利益率50%以上

粗利益 = 販売価格 ー 商品原価 ー FBA手数料

 

FBA料金シミュレーターでFBA手数料を確認し

Excelで利益計算表を作っておいて

粗利益率を1個1個確認しましょう。

 

ここから更に、国際送料や関税が引かれるので

この時点で粗利益率が50%を割るものは

売っても利益が残らない or 超薄利多売です。

参入は辞めておきましょう。

 

 

★仕入れ先のショップ評価がダイヤ以上

タオバオのショップは、ショップ評価が

王冠・ダイヤ・ハートの3種類で区分されていて

品物や対応のクオリティは以下です。

 

王冠 >> ダイヤ >>> 越えられない壁 >>> ハート

 

ハートのお店の方が仕入れ値が安いこともあるけど

不良品率が高いと何の意味もないので

必ず、ダイヤ以上の店から仕入れましょう。

 

 

 

以上が中国輸入 → amazon販売の

仕入れ&リサーチ基準です。

 

これらを全て徹底し

基準クリアの商品だけを仕入れていたら

月間利益10万円を超えない方がおかしい。

 

それぐらい、固い基準にしてあります。

 

amazonには膨大な量の

中国輸入品が転がっています。

なので、この基準でも仕入れる商品は

必ず眠っています。

 

フィルターがけで無駄な仕入れを防ぎ

優良な商品を多数集めて

最速で利益10万円を目指しましょう!

 

 

 

 まとめ   

 

・中国輸入 → amazon販売は、仕入れの段階で勝負が9割方決まる。仕入れ基準を徹底しよう!

・時間ロスを最小にする為に、ふるい落とす商品は国内リサーチの段階でがんがん落とそう。

・この基準を徹底してリサーチしたら、月間利益10万円超えない方がおかしいと考え、やっていこう。

 

 

see you again♪

 

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

中国輸入のリサーチは商標権も一緒に確認しよう

中国輸入リサーチにおける翻訳のコツ

関連記事

  1. 中国輸入代行業者HAMの使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  2. 中国輸入リサーチにおける翻訳のコツ

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  3. 中国輸入代行業者BANRIの使い方

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  4. amazon FBA納品手続きのやり方を解説

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  5. タオバオとアリババの違いを知り、仕入れよう

    こんにちは、マサトです。このページでは、中国輸入 →…

  6. 中国輸入代行業者を使いテスト仕入れしよう

    こんにちは、マサトです。このページでは中国輸入 → …

  7. モノレートの使い方を覚え、リサーチをしよう!

    こんにちは、マサトです。この記事では、中国輸入 → …

  8. FBA料金シミュレーターを使い、中国輸入の利益計算をしよう

    こんにちは、マサトです。ここでは中国輸入 → ama…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP