収入源を複数持つことの大切さ ~金銭的依存からの脱却~

 

こんにちは、マサトです。

 

このページでは

輸入ビジネスで成果を作る上で大事な

マインド・考え方についてお話します。

 

日本人は、多くの人が従業員として働き

給与を受け取って生活していますが

収入が会社からの給与だけという人が

圧倒的に多いんじゃないでしょうか?

 

僕も、個人輸入ビジネスを始めるまでは

その状態でした。

 

収入源は会社の給与だけだったので

収入を増やす為には、残業したり

休日出勤して労働時間を長くすることで

なんとか翌月の給与を増やしてました。

 

当時はそれが当たり前と思っていましたが

僕は会社以外で稼ぐということを実践して

数か月後には、お金を稼ぐことへの考え方が

大きく変わりました。

 

 

 

 収入の柱が1本だと金銭的に依存せざるえない  

 

収入の柱が1本しかない状態だと

収入を増やそうと考えた際に取れる行動は

かなり選択肢が少なくなります。

 

特に時間給で働く会社員だと

労働時間を増やす = 収入が増える

という図式なので、残業か休日出勤しか

すぐに出来ることはない状態。

 

出世して給与upという道はあるにしても

それは今月・来月ではなく5年~10年と

時間のかかる話で、しかも自分の意志だけでは

どうにもできないものだし。。。

 

また、収入の柱が会社員だけの状態だと

例えば会社が業務転換をして

やりたくない仕事内容に変わった場合や

転勤や単身赴任を命じられた場合なども

例え嫌でも、基本的には拒否できません。

 

もちろん、やりたくない仕事内容でも

そこから気付きや学びはあるのですが

IT事業に携わりたくてその会社に入ったのに

その事業部が廃止になって営業部に回った、とか

気付きや学び云々とも言ってられない状態って

ありますよね。

 

なので、キライな仕事は一切やらない!という

単なるわがままを言えということではなく。

 

自分の思惑とは180度違う状態になった時

生活の為だけに嫌な仕事をやらざる得ないのは

精神衛生上よろしくないよってこと。

 

でもこの時に、5万円でも10万円でも

会社以外で収入の柱を持っていたら

イヤイヤ働く、という精神不衛生な状態から

かなり抜け出しやすいんじゃないでしょうか?

 

また、仮に事業転換後もそこで頑張るとして

生活の為にそうせざる得なかった、というのと

自分の意志で残ることを選択した、のでは

同じ仕事をやるにしても、心持ちは全然違います。

 

なので、収入の柱を2本・3本と増やして

金銭的に会社に依存しない状態を作るって

サラリーマンとして働き続ける場合でも

かなり大事です。

 

また、滅多に遭遇しない事例だけど

収入の柱が会社だけだと、勤め先が倒産して

収入が途絶えるってこともありますから。

 

僕の場合は、社会人1年目・看護師の時に

勤め先の病院が経営破産をして退職し

会社員の給与だけに依存するのは怖いという

大きな教訓を得ることが出来ました。

 

なので、会社や仕事内容に有事があった際

自分の意志で行動が選択ができるように

人生のリスクヘッジの意味も含めて

収入の柱は複数持つ方が安心ですよ!

 

 

 

 

 時間給以外の収入の柱を持つ事   

 

収入の柱を会社以外に持つ、といっても

じゃあ会社以外に他でアルバイトしよう、では

収入の柱を増やす意味が薄いで注意です。

 

これは僕も会社員時代に実践してみて

数か月で限界を感じたことがあります。

 

当時、会社の収入だけでは欲しいものが買えず

もう数万円でも収入があればいいのに、と

昼間の仕事が終わった後に、ゲーム製作会社で

経理のアルバイトをしていました。

 

昼間の仕事が終わった後に、週3日間

1日4時間ほどアルバイトをしてみたところ

当然帰宅は深夜0時過ぎ。

 

日付をまたいで帰宅して、そこから家事や食事

お風呂に入ると、あっという間に午前3時。

 

一時的には出来たとしても

ずっと続けるのは体力的に無理で

結局3ヶ月で副業バイトはとん挫。

 

時間給で長時間労働をすることの

限界を感じた瞬間でした。。。

 

もちろん、僕が今やっているような

個人輸入ビジネスを始めた場合でも

初めのうちは、時間を費やすことは同じです。

 

それはアフェリエイトでも中古せどりでも

海外輸出ビジネスでも同じことでしょう。

 

が、誰かに雇われて監視のもとに

長時間の仕事をやり続けるのと

自宅で、誰の目も気にせずリラックスした状態で

伸び伸びとできる仕事では、同じ量の労働をしても

精神的にも肉体的にも、疲労度は全く違います。

 

何より、これらは時間給ではないので

継続すればするほど、時間当たりの利益が

どんどん大きくなっていくのがいいですね!

 

時間給労働で時給を上げるのは容易じゃないし

上がっても数十円ですからね~

 

 

 

 

 まずは増やす、そしてスイッチする  

 

収入の柱は、初めは本数を増やすことから

始めましょう。

 

僕も含めて、ほとんどの人の場合は

スタート時点では会社員の給与のみなので

まずはそこに輸入ビジネスを1つ加えて

 

・会社員としての給与

・ebay輸入 → ヤフオク販売

 

としていきましょう。

これはebay輸入でも、中国輸入でもokです。

 

収入の柱が1本増えるだけで

自由度には天と地ほどの差が出ますよ!

 

が、ヤフオクでもamazonでも

アカウント凍結や急な仕様変更など

会社と同じように、収入は絶対ではありません。

 

2本柱だと、どちらかがダメになると

結局1本柱に元通り。

 

なので、複業がある程度形になってきたら

そこから更にもう1つ違うことに取り組み

3本目の収入の柱を作りましょう。

 

3本柱にすることで、どれかがダメになっても

2本は収入の柱があるので、立て直せますよ。

 

・会社員としての給与

・ebay輸入 → ヤフオク販売

・中国輸入 → amazon販売

 

僕の場合は、こんな感じで増やしました。

 

そして3本目もある程度形になってきたら

その時点で、3本の中で一番効率が悪いもの

または、自分がやりたくないものを外しましょう。

 

え、それまた2本になっちゃうじゃん?

って思うかもしれないけど、そうではなく。

 

3本も柱を構築できるようになったアナタなら

1本外すと、かなり時間と手が空くので

それで更に新しい、3本目の柱を構築できます。

 

そこで、今まで持っていた柱よりも効率が良く

更に、自分に合った稼ぎ方ができる仕事を

時間をかけて構築していきましょう!

 

・ebay輸入 → ヤフオク販売

・中国輸入 → amazon販売

・アフェリエイト or せどり etc…

 

例えば、仮にこの時点で

会社という収入の柱を手放すとしたら

こんな感じで新しいものを加えます。

 

収入の柱を3本持っている状態なら

更に収入を増やしたいと思った時には

一番効率よく収入を増やせるものへ注力するか

効率の悪いものを外して、新たに何か加えるか。

 

どちらにしても、残り2本の柱があるので

収入源がサラリーマンだけの時よりも

ぐっと選択肢が広くなって

自分で自由に選べますよ~(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 まとめ   

 

収入の柱が会社の仕事だけだと、金銭的に依存せざる得ないので、有事の際に選択肢がなく精神衛生上よろしくない。

・時間給労働には限界があるので、収入の柱は別の働き方で増やすこと。僕の場合は個人輸入ビジネスでした。

・収入の柱を3本持ったら、効率が悪いもの or やりたくないものを外して、新しい1本を付け加えよう!

 

 

see you again♪

 

 

もしブログの内容で疑問点や不明点、ご相談がありましたら

お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください^^

 

また、LINE@ではたま~に何かを発信してます。

ええ、ほんとに、たま~にですけど。

こちらもお気軽にどうぞ。

友だち追加

@masato_free_will】で検索♪

 

 

会社員の給与額が決まる理由 労働力再生産コストという考え方

収入源を複数持つことの大切さ ~精神的依存からの脱却~

関連記事

  1. 輸入ビジネスで大事な目標設定の基準

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  2. トコトン一つの作業をやり抜こう

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  3. 欲しいものリストを作ろう

    こんにちは、マサトです。このページでは目標達成に向け…

  4. 輸入ビジネスと自己投資

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  5. 輸入ビジネスの最初の利益は黄金

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスに…

  6. 毎日何時間、会社の為に使ってますか?

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  7. メンターへの報連相、やってます?

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビジネスで…

  8. コミュニティにおけるメンターとの関わり方とは

    こんにちは、マサトです。このページでは輸入ビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

LINE@始めました

友だち追加

 

【@masato_free_will】で検索♪

 

PAGE TOP